2013年08月18日

なぜレーザービーム光を使わないのだろうか?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日は長浜市の長浜楽市まで買い物に行った。

その途中でこの2ヶ月間よく思うことがある。

それは、トンネルの上で工事をしているために、

4.1m以上の車の通行が出来ない状態になっている。

そのために、監視員がこの猛暑の中で通る車を監視している。

そのために、少なくとも6人ぐらいの人が従事している。

多分、24時間監視しているだろうから、

1人8時間で交代するとすると、1日24人の人が必要になる。

また、この猛暑の中で、排気ガスにさらされての仕事は大変だと思う。

これを監視員のかわりにレーザービーム光を4.1mの位置に設置して、

レーザー光が車によってカットされたときに警報が出るようにしておけば、

トンネルの近くに監視員の詰め所を作っておけば、

人員も減らせるし、猛暑の中で排気ガスに曝されての仕事でなくなるのに。

ただ、人を減らすことは失業者が増えるという欠点がある。

出来るだけ人に仕事を与えるために現在のような監視員制を採っているのだろうか。

それにしても、あの監視員さんの仕事はほとんどじっと見ているだけだが、

大変な重労働だと思った。どうもご苦労さんです。



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:28 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

車検時にはご注意を!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

スペアタイヤがパンクしていて大変往生したことを報告しましたが、

その後、スペアタイヤをよくみてみると、

全く何回も使用されたスペアタイヤでした。

購入から10年経過したとはいえ初めて使用しようとしたスペアタイヤにしては、

全く違う代物でした。

これは、車検の時に間違って付け替えられたとしか、

考えられません。

このようなことは、故意ではやられないでしょうが、

スペアタイヤはすぐには使うものではないため、

重要視されていないために起こったことと思われます。

だが、タイヤがパンクする場所によっては、

大変困ったことになります。

車検から帰ってきた車のスペアタイヤがちゃんとしたものか

点検することが必要です。

その後も、時々スペアタイヤの点検も必要であると今回のタイヤのパンクで

思いました。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:19 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

厄日だったー今日は

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日は福井県上中町ののスーパーセンター「プラント」に買い物に行った。

その帰りに今津町のJR近江今津駅の近くの薬局に行く用事があり、

国道303号線をそれてその薬局にあと100mくらいのとき、

とっぜん変な音がして、車がガタガタと振動しだした。

これは変だと思ったがそのまま走り続けるとますます振動が

激しくなってきた。どうも「タイヤパンク」だなと思いつつ、

やっと薬局に着いたので降りてみると前輪の右のタイヤが大きく割れて、

パンクしていた。

早速、パンクしたタイヤをはずしてスペアタイヤと交換する作業を開始。

ところが、この車は買ってから10年になるがタイヤのパンクははじめて。

スペアタイヤは荷台の下にあるがどうしてはずしてよいかわからない。

車の下にもぐりこんでよく見ると荷台のところにあるボルトを回して

はずしたらよいことがわかった。

やっとはずしてスペアタイヤをみると大変な量の錆が溜まっている。

その上にスペアタイヤもどうも空気が漏れているようだ。

これでは使い物にならないなと思ったが念のために交換し、

スペアタイヤに空気入れからエアーを入れた、

空気を入れてもどうももれている音がしている。

やっぱり駄目かと思いつつジャッキをおろしてみると、

やはりだめなことがはっきりした。

そこで、JAFの救援を頼むことにする。

そこで、携帯電話でJAFを呼ぼうと、

携帯の受話器ボタンを押すとペアー登録しますかと出てくる、

こちらは早くしようとあわてているから、NOとするのだが、

番号を入れてくださいの表示が出てこない。

何回やっても同じだ、こちらはいらだってきてかっかっとするのだが

同じことだ。(これはあとで家に帰って携帯の説明書を読んでみると、

私が家の固定電話と同様に、受話器ボタンを押してから、番号を入れようと思ったのが、

間違いであることが分かった(汗)。)この間違いは私は携帯を使用することは、

今はほとんどなくて、今日のような非常時に使うためだけなので、

使用法になれていなかったせいです。そのために非常時に役に立たなくて、

なんのために持っているかわからないこととなりました。

やはり非常時のために時々使い慣れていることが必要のようです。

私のように年に1万円以上支払って、数回使うかどうかも分からないのに携帯を

持つのは非常に無駄な気がしますが、公衆電話がほとんどなくなった現状では

仕方なく持っています。

以上のような状況のために、JAFに連絡が取れないためやむを得ず、

薬局の電話を借りることにした。薬局の方には親切にご協力頂き、

なんとかJAFと連絡が取れて来ていただくこととなったが、

20分ほどかかるそうなので、薬局内でまたせてもらった。

その間お茶など頂き暑い日なので非常に有難かったです。

薬局の皆さんどうも有難うございました。

JAFとしてはパンクの場合は近くの修理工場まで、

運ぶだけとのこと。

今日は土曜日だからなんとか工場もやっているだろうから、

近くの工場に運んでもらうことにする。

だが、どうも時間がかかりそうだから、この暑い中では買った食料品も心配だから、

妻と子供はタクシーで家まで帰すことにした。

しばらくしたら、JAFの車が来たので、私の車をJAFの車の上に乗せて

工場まで運んでもらう。幸い工場は開いていたがタイヤの在庫がないとのこと、

工場の人がどこかに電話して、30分後ぐらいで持って来てもらうことが決まる。

そこで、スペアタイヤのほうも見てもらうことを頼んで近くのスーパー平和堂まで行き

時間をつぶす。その後ATMから必要な金を出金して、再び自動車の修理工場に行くと、

今修理中とのこと。 しばらく待っていると、整備士の人が出てきて、スペアタイヤは、

パンクしていて修理したが荷台の下に入れようとしても大きくて入らないとの事。

私は荷台の下からだしたのに何故だろうと見に行く。

聞いてみると本来、そこは13インチのタイヤが入るところだが、

私が持っていったスペアタイヤは14インチであり、空気を入れると

入らないとのこと。入っていたのはパンクして空気が入っていかったために、

小さくなり、入っていただろうと推定された。

新車で購入した時にまさかそのようなことはなかろうから、

購入後4回の車検時に入れ替わったと思われる。

そうすると車検の時にすでにパンクしたスペアタイヤが入っていたことになる。

いざという時に役に立たないスペアタイヤをガソリンを使って何年間も

運んでいたことになるなんとむだなこと。

車検時にはスペアタイヤも点検されると思っていた私がうかつだったようだ。

今後、時々スペアタイヤも点検する必要を感じた。

荷台の下ではなかなか点検しずらいため1度も行わなかったのいけなかった。

それにしても、今日は厄日であった。おかげで午後1時から見る予定の

テレビ番組「八重の桜」の再放送を見ることが出来なかった。



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 00:02 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

琵琶湖岸に林の中にある歩行者と自転車の専用道を!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

琵琶湖岸を車で走っていると歩け歩けで歩いている人、

自転車で走っている人が大変多い。

これは非常にいことであると思うが、今日のような暑い日には、

熱中症で倒れる人が出るのではないかと心配である。

そこで、以前にも書いたように歩行者と自転車の専用道を作るべきだと思う。

それも、林の中を通るような専用道あるとなおよいと思う。

私が毎週1度は通る高島市のメタセコイヤの林のようになれば、

非常によいように思われる。

滋賀県も琵琶湖一周(びわ一)を奨励しているようだが、

専用道などを作って環境整備をするも大切のように思う。

勿論、数年で作れるとは思わないから、100年ぐらいの長期計画で

実施したらよいと思う。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:45 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

京都市の観光は自転車で「旅チャリ」

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日のTVニュースでは京都市では今週末から、

電動自転車のレンタルを開始して、

京都観光に利用してもらうとのこと。

「旅チャリ」と言うらしい。


自転車を利用してもらって、少しでも自動車の

利用を減らして、環境対策をしたいのが狙いとか。


「旅チャリ」作戦は電動自転車だけではなくて、

自転車が安全に走れる自転車道を整備して、

はじめてその効果を発揮するように思う。


一般道を車と一緒に走るようだと危険だし、

自動車の渋滞の原因ともなるかもしれない。

すぐには自転車道を整備するのは難しいが、

狭い路地は自動車の通行を禁止して、

そこを自転車を走らせるなどの対策が

必要だろう。


奥琵琶湖の観光も琵琶湖岸に沿って

自転車道(最近は歩く人も多いから歩道と兼用)を

整備して自転車でゆっくりと楽しく行えるように

したいものです。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:45 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

高速道無料化はエコに反するか?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

高速道無料化はエコに反するか?に関して、

昨日(9月7日)のMSN産経ニュースで

【民主3大政策100人に聞きました(上)】高速無料化は

エコに逆行、75%反対

と報じられていたからこれを検討したい。


先ず反対の第一の理由が「渋滞する」が上げられているが、

無料化になったと言うだけで、不要な車を運転する人が

どれだけいるだろうか?

多分、当初は無料を体験したいがために不要な車を運転する人も

いるだろう。

だが、恒常的には、不要な車を運転する人は、

独身で時間が充分あり、

その上に経済的に余裕がある人だろう。

時間が無い人が不要な車を運転する訳は無い。

その上に経済的な余裕がなければ高価なガソリン代を

払えないからだ。


ほとんどの人が必要だから車を運転している場合が多い。

例えば運送業者や会社業務を行う者が不要な車を運転しますか。

通勤する人が休みの日会社には行かないでしょう。

買物に行く人、遊びに行く人も必要があって車を運転しています。

だとしたらこれらの人は、現在でも高速道か一般道かのどちらかを

走っているわけです。

高速道が無料化したら、今まで一般道を走っていた人が高速道に

乗るかもしれません。そのかわり、一般道の車の数が減り、

一般道の渋滞が減ります。

高速道が渋滞し、時間が一般道よりかかるようになったら、

今度は、高速道をやめて一般道を走る人が増えるだろう。

要するに、高速道と一般道とが運ぶことが出来る輸送量を

最大にするように安定するだろう。

料金を考えないで、早く着けるかどうかを判断基準とした、

選択肢が増えることになる。

実例を挙げると私がよく走る琵琶湖の西岸に湖西道路がある。

これが有料の頃は、湖西道路の方は堅田以北はほとんど車が

走っていなくて、ガラガラの状態であった。

そのかわりに国道161号線の堅田付近(琵琶湖大橋付近)は、

常に大渋滞であった。

ところが、湖西道路が無料化されるともちろん湖西道路の

通行量は増加して、湖西道路に入るところの渋滞は大きくなった。

しかし、その付近を通り抜けると渋滞無く走れる。

一方、国道161号線の堅田付近の渋滞は非常に緩和されている。

湖西道路が渋滞するようならば国道161号線を走る人が

増えるだろう。

このように全体としては、平衡になって輸送量が最大になるように

安定してくる。

そしたら、渋滞面では全体として減少する。

そのためにガソリンの消費量は減り、炭酸ガス(CO2)の

発生量は減少すると考えられる。

特に燃費がよい60−70kmの走行が期待される高速道での

走行が増えることは炭酸ガス(CO2)の減少に寄与するだろう。

高速道だけを見て、走行量が増えて炭酸ガス(CO2)が、

増加するとするのは一方的な判断だろう。

もちろん、これには仮定があって、

高速道が無料化になったとしても、

不要不急の車の走行は、そんなにも増えないことである。

あなたは高速道が無料になったら用事もないのに高速道を

走りますか?

ほとんどの人がNOでしょう。


もう1つの炭酸ガス(CO2)の減少が考えられる例を挙げると、

私は国道303号線をよく走りますが、この国道はトラック街道と

言われるぐらいトラックが多い。

特に目立つのは九州ナンバーのトラックである。

当初、私は福井県小浜港に九州からのフェリーが寄航して、

そこから、この国道303号線を走って名古屋方面に行くのだと

思っていたが、小浜の人に聞いてもそのようなフェリーは

無いとのこと。

そうだとすると、これらの九州ナンバーの車は、

門司から国道9号線を

通って山陰、日本海沿いを走り、国道27号線を走り、

国道303号線を走っていることになる。

大変な大回りをしているのだ。

多分これは高速道料金よりも軽油などの燃料費の方が

安いためだろう。

これから考えて、高速道が無料になれば当然、これらのトラックは

高速道を走るだろうから、燃料消費量は減少し、

炭酸ガス(CO2)の発生量は減ることになろう。

ただし、これは高速道の渋滞が大きくて、

走ることが出来なくなるようだと

トラックは時間との勝負でもあるから、

どのようになるか不明であるが。

私は、九州からのトラックの大回り輸送は減少するだろうと

予測している。

以上に見たように高速道が無料になれば炭酸ガス(CO2)の

発生が増加すると考えるのは、

不要不急で車を運転する人が増加しなければ、

杞憂と思われる。

そんな車を運転する人は経済的余裕がある人が多いから、

むしろ有料化で高速道が高速で走れることを望んでいて、

高速道が低速になればむしろ利用しなくなるのではないだろうか。



結局、渋滞は全体として、減少し、燃料の消費量も減少して、

炭酸ガス(CO2)の発生量も減少して、エコに貢献するだろう。


もちろん私自身は、以前にも書いたように自転車を見直して、

利用できるような社会をつくり、自動車社会は見直すべきだと

思っているが、これと高速道の無料化は別の問題である。


私が、高速道無料化すべきと考えているのは、最大の理由は

「政府」や「政治」は国民と約束したことを守るべきだと

考えているからである。

「高速道」も無料化を約束しながら、それを何時までも

果たしていない。

年金、医療、福祉などあらゆる面で約束しながら、

都合が悪くなれば簡単にこれを反古にしているからである。

約束を簡単に破りながら一方では公権力の行使で無理やり、

あらゆる面で国民に負担を強要しているのだから。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 11:15 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

自転車で安心・安全に暮らせる街づくりを!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

自転車で安心・安全に暮らせる街づくりを!

今日、UCカード・マガジン「てんとう虫」9月号を

読んでいると「自転車とのいい関係」という特集が組まれていた。

作家の林望さんのかっての武蔵野の郊外での、若い夫婦での

「朝の自転車散策」や女優の星野知子さんの自転車での朝の散歩

「鎌倉・ちょっと裏街道気ままなコース」


それに、山本一力さんの自転車を使用しての

「京都・洛中ぐるっと一巡りコース」

その他には

ドイツ文学者の池内紀さんと

自転車博物館サイクルセンターの中村博司さんの

「対談:ヨーロッパにみる自転車の情景 人と自転車がつくろ街」

などが掲載されていた。

これらを読んで思うことはやはり自転車が見直されて、

いいのではないかと思った。

確かに、自動車は我々の行動範囲を飛躍的に拡大してくれた。

特に、交通機関の発達していない私の住んでいるいる田舎では

車がないと生活するのが難しいとさえ思える。


だがその反面、交通事故の増大や炭酸ガスや排気ガスの問題も

深刻となっている。


その点、自転車を使えば健康によいし、心も癒されることとなる。

上の例では、武蔵野は私は小説や詩では読んだことがあるが実際には

行ったことが無いからどんなとこかはわからないが。

京都や鎌倉は自転車でゆっくりと巡るには非常によいとこだと思う。


ただ、これらの京都や鎌倉でも現在は自動車優先だから、

自転車での散策にはいろいろ制約がある。


その点、ヨーロッパでは、大都会でも自転車専用道路が

整備されたり、自転車の駐輪場も完備されているようだ。

ドイツなどでは、列車や船に自転車をのせて旅行する人も

多いそうだ。

日本では、自転車は歩道から追い出され、自転車専用道路は

ほとんどないから車道を走ることになるが、

そこでは危険と隣りあわせだ。

そのためにか、自転車の乗車について次から次と

規制が強化されている。

規制強化だけではなくて、自転車のための専用道路を

つくるなどして、もっと自転車での生活が安心・安全に

行える街づくりを行うことが必要ではなかろうか。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:20 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

電車より自転車が早かった!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

電車より自転車が早かった!

電車より自転車が早い訳けないだろうと思われますよね。

当然ですよね!


ところが現実にあったんですよ。

かって50年ぐらい前に大阪で働いていた頃のこと、

朝起きが遅くなると会社に行くには、自転車か歩いて(走って)

行く方が早く行けて遅刻しなくて済みました。

会社は大阪の大正区にあって、住まいは住吉区にありました。

歩けば4kmぐらいの距離です。

ところが電車で行こうとすると、地下鉄か南海電車に乗って、

難波まで行き、それから市電に乗って大正橋を通って、

会社の方に行くので大きく大回りして、多分20kmは

あったでしょう。

ですから電車で行っても1時間ぐらいかかりました。

その上、当時の市電は大変に込んでいましたから、

下手をすると乗れないこともあり、一電車遅らす必要があったり、

道路の状況によっては、予定通りに走りません。

だから1時間半ぐらい掛かることもありました。

その点、自転車や歩く方は、遅れそうだと思ったら、

早く走って時間調整が可能ですから、

1時間より早く行くことが可能でした。

これが電車より自転車が早かった秘密です。

ただ、この自転車と歩く人には、1ッ箇所だけ、

難関がありました。

それは、会社に自転車や歩いていくためには、

木津川という川を渡る必要があったのですが、

当時は橋がありませんでした。

この木津川は、運搬船がよく航行していましたし、

川筋には造船所もあり、橋を架けたら船の航行が

出来なくなるために、橋が無かったと思います。


もちろん私達は川を泳いで渡った訳ではありません。

船で渡りました。今でも残っているかもしれませんが、

この川には数箇所に無料の渡し舟が走っていました。

これに乗せてもらってこの木津川を渡っていました。

ただここで問題なのは朝のラッシュ時は人が多いため、

待つ必要がありました。

時間ぎりぎりに来たときは、気が気ではありませんでした。

それでも、この自転車か歩く方が確実に、

電車より早く会社に到着しました。

今考えるとこの徒歩や自転車による通勤の方が、

電車による通勤よりは健康的だったと思います。

今は市電はなくなり市バスに変わっています。

また、千本松の渡しには、千本松大橋が架かっています。

この千本待大橋は通ったことが無いから分かりませんが、

多分、橋桁を高くして、船の航行に支障がないようにしてると

思います。

さて、今でも歩いて通勤している人がいるのでしょうか?

自動車での通勤が多いかもしれません。

問題は工場に自動車の駐車場が確保されているかどうかですが。

いずれにしろ、安全が確保されるなら、

健康のためには、自転車や徒歩(走り)での通勤が望ましいと

思います。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 18:25 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

自転車で健康と心を豊かにしよう!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ



琵琶湖岸のさざなみ街道を車で走っているとよく自転車で、

走っている人によく出会います。

多分琵琶湖を1周している人かもしれません。

私も本当は自動車ではなく自転車でのんびりと、

このさざなみ街道を走りたいと思ってます。

なぜかというと、

まず運動が出来て健康に良いと思いますよ!

その上にこのさざなみ街道は主に琵琶湖の湖岸を走っているから、

景色がよくて心が豊かになると思います。

自動車では運転していると余所見は出来ないし、

個々はよいとこだと思っても何処でも簡単に停める訳には

いきませんからね!

自転車だとそれが出来ますからね!


ただね自転車で困るのは第一には安全の問題ですよ。

ときどき自転車による事故を見かけますからね。

多分この辺は歩道を自転車で走ってもよいと思いますが、

その歩道がガタガタですから、原則どおり車道を走ることに

なりますからね。

これを解決するには、琵琶湖岸に自転車専用道路を

作るべきでしょうね。

そしたら今よりもっと快適に自転車で走れますよ。

第二には2箇所ぐらいある坂道を登ることです。

若い人には簡単でしょうが、年寄りには少し大変ですよ!

これには電気自転車もありますが、これはまだまだ高価ですよ。

登りは歩くのがよいでしょうね。

自転車で琵琶湖岸をゆっくりと景色を眺めながら、

走れば健康のためにも、心を豊かにするためにも最高です。




参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 15:22 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

新車購入が減少しているとはここでは信じられません!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ


新車の需要減少が今回の不景気の大きな原因の1つと

されていますが、ここ私の住んでいる付近では、

想像も出来ません。ここでは車無しには生活が困難です。

毎日の買物に行くのにも4kmぐらいありますから、

車が無ければ、歩けば往復2時間でしょうし、

自転車なら往復で1時間ぐらいにはなるが、

車道上は車が多くて危険だし、

特に雪や雨が降れば大変です。


以前は雪の降った日は、車が通らない除雪された道路から

多少遠回りになっても行く事が出来たが、

最近は通行量が多いからそれも危険です。


このようにこの近辺では大変車が多くなったから、

車の需要が大変落ち込んでいるとは信じがたいのが

実情です。


しかし、日本全国で見た場合は、減少しているようだ。

また、特に米国では大幅に車の需要が減少して、

米国のビッグスリーの自動車会社の破綻が言われている

ぐらいだから、大幅な車の需要の減少のようだ。


ただ、ある解説によるとこれを金融危機により、

銀行が車の購入ローンを制限したためとされていたが、

これに対しては少々疑問がある。


米国と日本では違いがあるかも分からないが、

日本では車の購入ローンを銀行に申込む人は

少ないのではないか?日本の販売店なら、

色々手段を講じてローンを可能とするだろう。

なにしろ車と言う担保が存在するのだから!


むしろ、私は米国の車社会はほぼ飽和状態に

近くなっているところに、

ガソリン代の高騰と言う事態が生じて、

あの米国の広い国土では、走行距離も多く、

それにあの米国車は大型だから燃費も悪い、

そのためにガソリン代が以前に比べて3倍?、

ぐらいかかったために、新車を購入する余裕を

なくしたのではないか?


その上に、環境問題もあるから、どうしても

新車の需要は減少せざるを得なかったのでは

なかろうか?


やはり、車社会をもう一度見直すよい機会では

なかろうか?


ただ、日本では大きな都市では車無しでも

生活できるが、現在の田舎暮らしでは、

非常に不便であることは確かである。


地方の生活を優遇して田舎暮らしを快適にして、

大都市の人口を全国に分散して、田舎でも

公共の交通機関が便利になれば、車からの

脱却も可能かもしれない。

そうしたらますます自動車会社が困るとの

声が聞こえてきそうですが、

どうしたらよいものでしょうか?


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

車が軽くなりました!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

先週の土曜日から我が家の軽自動車は、

非常に重くなりました。

アクセルが非常に重く、坂ではなかなかスピードが

上がりません。

車を止めるとマッサージ器のように震えます。

エンジンルームを見てもなぜかは分かりません。

エンジンオイルがなくなったせいかと、

エンジンオイルを補給しても同じでした。

また、いつもより燃料の消費量が多いし、

エンジン音も大きいようです。


これでは大変困るからと、火曜日に

自動車整備工場で見てもらうと、

スパークプラグの3個のうち1個が

不良になり、火花が飛んでいなくて、

2個だけで動いているとのことでした。


道理でバランスが悪くなって、

振動が大きくなったり、

馬力が無くて車が重くなったのだ分かりました。

部品を取り寄せる必要があったためそのまま

帰ってきましたが、燃料は何時もより2倍ぐらい

消費しているようです。



今日はそのスパークプラグとイグニッションコイルの

交換のために自動車整備工場に行きました。

30分ほどで作業は終了して、

車を運転してみると車は軽くなっていました。

振動もなくなり、坂でも軽く上ります。

やはり3個そろって初めて、初期の性能が

達成できるもののようです。


人気ブログランキングへ



母なる湖[ビワコ]の最北部での田舎生活と風物詩の■TOPへ



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

道路上の黄色い線の威力!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

今日は長浜楽市の西友に買物に行く。

今日は少し寒い上に天気も良くない。

少しだがあられも降ってきた。

西友に着いて伊吹山のほうを見るが

今日はあいにくと伊吹さんはよく見えない。

西友内ではバレンタインデーの

チョコレートを売っているか見てみたが、

目立つところにはそれらしきものはなし。

去年もこうだったか記憶に無いが、

不景気のためだろうか?

帰りのさざなみ街道を走っていると、

後ろからきた車がいきよいよく私の車を

追い越して行った。多分7−80kmは

出ているだろう。ところがこの車には、

次の信号で追いついた。

その車その後、前の車を追い越しことなく、

規定の速度で走っている。

よく見るとその道路上には、追い越しの

ためにはみ出してはいけない黄色の線が

引かれている。ああーこの黄色の線のために

追い越しのを遠慮しているのだと分かる。

予想通り白線に変わった瞬簡に、前の車を

追い越して行った。スピード違反はしても、

追い越し禁止のための黄色い線をはみ出す事は

ためらったようだ。しかし考えて見ると、

道交法上は黄色い線をはみ出すことより、

スピード違反の方が違法性は高い。

これは、見て明らかに分かる黄色い線を

はみ出すことより、見ただけでは分からない

スピード違反は分からないと思っているのだろうか。

それともスピードには、麻痺していて、

その違反であることの認識が無くなっているのだろうか?

やはり、スピードについては、本当にこれが事故の

主原因と考えるなら、全ての車に速度制限器を

つける必要があるのではなかろうか?

人気ブログランキングへ

母なる湖[ビワコ]の最北部での田舎生活と風物詩の■TOPへ

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

接近するのはいい加減にしなさい!!強要罪、脅迫罪で告発だ!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日は、久しぶりに琵琶湖湖岸を南下して堅田のスーパに行く。
まず、今津町より風車街道沿いに、新旭町の水鳥観察センターの前を通り、風車村から高島町の161号線まで走るのが私の定番だ。
この風車街道は、161号線を走るより6kmほど距離は長いが、
風景が良いのと車と信号が少ないから私は常にここを通る。

スーパーで買物した後天候が怪しいので何時もなら、朽木の303号線で帰るが今日は湖西道路(161号線)で帰ることにする。
途中、バックミラーを見るとすぐ後ろに多分5−10メートルの距離に大型トラックが接近していることが分かる。先ほどまで見えていたトラックとは別のやつだ。追い越し禁止に違反してやってきたのだろうか?
どうせ、4−50メートル離れて運転しても1秒も違うわけではないのに何故か。自動車レースで1秒を争っているのなら別だが、
多分スピード違反させてでも早く行かせようと強要、脅迫しているのは明らかだ。追突されたら私の軽自動車や私達家族の生命も危ない。このようなのは単に道交違反だけではなく強要罪、脅迫罪を問うべきだと思う。自動車が凶器であることは明らかだし、生命、財産の危機があるのも明らかだ。多分最大の難点は主観的要素たる故意だろうが、コンピータソフトの開発者を著作権法違反の幇助で罰するよりは理論的には難しいことではなかろう。

 交通事故の最大のものが追突事故であることを思うと、
追突等の事故が発生してから効果があるシートベルトの着用強化の先に追突事故そのものの発生を防止することが急務ではなかろうか?

技術的には追突防止装置や速度制限装置の取付け、取締り的には車間距離を守らせることを徹底すべきだ。




 

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:35 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

信号機よ賢くなれ!!!!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

車を運転していると、

交通信号機がもっと知能化(インテリジェント)ー賢くなったら、

交通渋滞の防止、エネルギー資源の節約、

有毒排気ガスの減少に、引いては地球温暖化の防止に寄与する

と思うことがしばしばある。

 
今日も工事中(休日)のため一方通行となっている道路上で

3分間待たされた。


100m先の向こう側には1台も自動車が無いのが目視できた。

しかし、ルールを守って停車した。向こうから車が来る気配は無い。
  

信号が変わる45秒前ぐらいになってやっと向こうから、

3台の車がやってきた。それが、行き過ぎた後、20秒程して

やっと信号が青になり、工事区間を15秒ほどで通過した。


待っている3分間にこちら側には4台の車が停車していたが、

わたくしは、冷房をしていないから、

エンジンを止めて待ったが、

他の車はおそらくエンジンをかけたままだろう。


この間のガソリンの消費量は無駄だし、

排気ガスの発生は環境に悪影響だし、

地球温暖化の防止にも悪影響だ。


こんなに交通量の少ないところで3分間ごとに

信号が変わるように設定する方もどうかと思うが、


信号機が賢ければ、車がいないほうを赤にして、

車がいるほうを青にすることは簡単だろう。


確かに現在の信号機よりコスト高にはなるが、

技術的には簡単なことである。



早く、信号機を賢くしてほしいものである。



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 18:23 | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。