2013年09月13日

「猛暑の室内に1歳娘を放置 保護責任者遺棄致死容疑で22歳の母逮捕」に思うこと

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

猛暑の室内に1歳娘を放置して、 保護責任者遺棄致死容疑で22歳のさいたま市の母親が逮捕されたと

報じてる記事があった。(MSNニュース)

この記事だけからは正確には事実を把握できないから、

私が感じたことは誤りかもしれないが、これは国や地方公共団体等の貧しい貧困対策の

招いた悲劇であり、はたして公権力がこのような母親をせめる資格があるだろうかと思う。

「子供は社会で育てる」と言いながら、このような母親を社会はどれだけ助けてきただろうか。

母親が保護責任者としての責任を果たすためには、働いてお金を儲けて、

子供に食わせなければならない。そうしなければ、餓死させることになり、

保護責任者遺棄致死の責任を負わされるからである。

働くためには、子供を保育所等に預ける必要があるが、

その保育所がなくて、あっても正規で働いている人が優先され、

この母親のようにバイトの場合はなかなか受け入れてはもらえないようだ。

その上にこの母親のように深夜に働く場合は、その時間に預けれる保育所は

ほとんどないようだ。そのうえにたとえそのような保育所があったとしても、

保育料は高額になりそうだから、アルバイトぐらいでは払いきれないだろう。

このようにみてくるともし、このような母親が保育所に子供を預けれる時間帯で、

正規労働者として働けて、生活が十分できるとしたならば、

このような悲劇は起こらなかっただろう。

国や地方公共団体等の公権力を行使している人達は、今のような貧しい貧困

対策を早く改善することを最優先で実行すべきである。

そうするならば「子供は社会で育てる」が単なるスローガンではなく、

実感することができるだろう。




参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:36 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

概算要求は大幅増加、消費税の増税を見込んでか?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

国では現在来年度の概算要求がなされているそうだが、

各省からの要求は大幅に増加しているそうだ。

主に公共事業が増加しているとのこと。

それを各省の官僚と族議員が連携して

獲得していくそうだ。

昨日も触れたが、消費税の増税を

見込んでの要求のようだ。

これをすれば確かに全体の経済はよくなるだろうが、

一般の国民はその景気回復を実感する事のない状態が

続く景気回復となろう。

だが、大義名分にしてきた、社会福祉の充実や国の借金の減少は

達成できないだろう。こんな嘘ばかりついているから、

国や政治家は信用されないのだ。不幸なことだ。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:01 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

消費税増税に賛成した専門家は不景気になったら責任を取って欲しい。

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

先週末の雨以来、地表が冷却されたせいか、

この辺では猛暑を記録していない。

この調子であと1ヶ月続いて秋になって欲しい。

さて、政府の方では消費税増税に関して、

専門家などから意見を聞いているようだ。

そこでは、多くの専門家が消費税の増税に賛成のようだ。

これによって、多分消費税の増税が予定通り実行される

確立が高くなってきた。

だが、これらの賛成する専門家たちは多分消費税が増税されても

生活に困ることはないようない人々と思われる。

消費税が増税されたら生活に困る人も多いことなど考えていないと思われる。

ところで消費税が増税されて、もし不景気になったら、

消費税に賛成した専門家はどのような責任をとるのだろうか。

ニュースをみているとある実業界の人は、

消費税の増税はやむをえないから、そのかわり経済対策をとって欲しい、

と言っていたが、これなども全国民から税金を取って、

経済界に税金を使用して欲しいとの意味だろう。

言い換えると、これは消費税の増税で増えた税金で法人税の減税、

公共事業の増加、各種補助金の増加などをして欲しいの意味だと思う。

結局、消費税の増税をしても、国の借金は減ることはないだろう。

このような状況で消費税増税に賛成した専門家には、

増税により不景気になったら責任を取って欲しい。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:28 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

社会保障費の経済的効果を考えるべきだ。

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日の天気予報では今日は午後三時まで曇りで、その後は雨の予想でした。

ところが一時曇りになることはありましたが、ほとんど晴れでした。

午後三時からは雨どころか、晴れでした。

このように予想というよくはずれます。

社会保障制度改革国民会議が2025年までの予想をたてて、

制度の改善を提案したようだが、過去の「改革」のたびに予想を立てて、

そのたびに今後数十年は大丈夫といいながら、

すぐ数年で駄目だからといって「改革」を口にしている。

これを繰り返しているから、社会保障給付費はどんどん増加していても、

一向に国民としては良くなった実感はほとんどなくて、

「改革」のたびに悪化していると感じているのではなかろうか?

社会保障費が増加して大変だ、大変だと言うけれども、

現在、公共工事費を増やして景気を回復させようとしているが、

社会保障費が増加すれば、その経済効果により本来なれば、

景気が良くなるはずだ。

何故ならば、社会保障費の給付は確かに名目上は老人に対して

なされるが、実際にその給付を受け取るのは現役世代だからだ。

少子化になって、給付が増えれば現役世代に入ってくる収入は

原理的には大きく増えて当然だから、多少現役世代の社会保障費に

対しての支払いが増えてもそれ以上に収入が増えるから今より

楽になるはずだ。

ただ、現役世代に対して、支払いされない社会保養費があるのは、

高額の年金をもらって、その年金を生活費に当てないでも、

生活が出来る人が、年金を生活費にしようしないで、たんす貯金や

貯蓄にまわすだけの場合は、すぐにはその経済的効果を発揮することは、

難しい。

だが、そのような人がそんなに多いとは思えない。

そうだとしれば、ほとんどの社会保障費は現役世代の経済のなかに

取り込まれるはずだ。

そして、社会保障費が年に10回転するとすれば、

年間では100兆円の経済効果は1000兆円になるはずだ。

そしたら、所得税、法人税、消費税、固定資産税、ガソリン税、

保険料〔税〕、介護保険料などなどで10%ぐらいは政府等に、

入ってきて元が取れるはずである。

たしかに、現在はそうなっていないあろう。

それは、経済の状況〔システム〕がうまくいっていないからだ。

まず、そのへんを改善することを即急に考え、実行すべきである。

今日のニュースの解説の中で専門家が、

この社会保障費を減らすのには、病気にならないこと、

介護を受ける必要のない体を作ることが重要などといっていたが、

年寄りとしては、ぜひそうありたいと願っている。

だが、社会保障費の経済効果を考えた時には、

もし、年寄りが病気をしなくなったら、大変なことになると思う。

まず、田舎の医療機関はほとんどなくなり、医療関係者は失業し、

製薬会社、医療装置の会社は倒産し、

介護施設は閉鎖になり、介護の従事者は失業し、

経済は全く麻痺してしまうだろう。

それに変わる仕事があればよいがそうでない状況では、

大変なこととなるだろう。

したがって、社会保障費の経済効果を最大限にするような

政策を考えることが最も重要であると考える。

現役世代に支払いされし、

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:19 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

集中しないで分散を!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日のニュースをみていたら東北地方、

では大変な集中豪雨で大きな被害がでたようです。

その一方で関東地方のように雨が降らなくて、

困っているところもあり、雨が降れば地表の温度が下がり、

気温が下がるから雨が降って欲しいと願っているところもあります。

なんで雨は全国に平等に分散して降らないのでしょうか。

まるで、富が集中すると大変なことになるぞとわれわれに自然が

教えているような気がします。最近は貧富の差が激しくなり、

一方では金の使い道に困るひとがおるのに、

金がなくて餓死する人までいます。

これなども集中の弊害でしょう。

やはり、もっと分散すべきです。

また人口も大都会に集中しています。

これなどもひとたび大震災が都市で起これば悲惨なことになります。

これなども国策として集中をなくして、全国に分散するようにすべきです。

いずれも集中することは自然の摂理に反しています。

できるだけなにごとも分散するようにすべきだと思います。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:08 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

自主憲法でないというけれど!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

現在の憲法は自主憲法でなく、GHQから押し付けられたものだから、

改正しべきであるとする人がいます。

だが、押し付けられたものであっても、

よい憲法ならばそれで良いではないかと思っています。

GHQから原案を示されたとはいえ、学者などが検討し、

原案を作成し、その後国会で慎重に検討審議されて、

国の立法府で決議されたものです。

その決議のときに時の国会議員はGHQが怖いから、

本当は賛成でなかったのに賛成したのだろうか。

そうだとしたら全くなさけないことである。

私はそうではなくて、当時の国会議員も正しいと思って

賛成したのであろうと信じたい。

そうでないとしたら全くなさけない限りである。

賛成できないのならドイツのように正式な憲法ではなく暫定憲法(基本法)と

する道もあったろうから、それをしなかったのは心から信念を持って、

賛成したからであろう。

ただし、多くの政治家が信念もなくて、今も昔も強力な権力(軍部、GHQなど)

には迎合する政治家の特性から、憲法制定時もそうだたったと推定するのならば、

分からないわけではないが、失礼な話ではなかろうか。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:35 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

3分の2など簡単ー6年間善政をやれば!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

参議院議員の選挙で憲法改正の議論もあり、

改正をやり易くするために憲法96条の国会の改正発儀について、

議員の3分の2から2分の1に改正しようとする案を持つ政党もある。

理由は選挙で3分の2の議員をとることが難しいからだという。


ところが、3分の2をとることは難しくないのだ。

例えば、小泉総理のときには「郵政改革は改革のはじめで、郵政改革を

した後、国民の生活がよくなる」ようなスローガンにより、

国民はこれに期待して与党に3分の2以上の議席を与えた。

とこらが国民の生活は一向に好くならなかった。


そこで、次に小沢民主党は「国民の生活が第一」のスローガンの

もとに選挙を戦い、国民は生活がよくなるかと期待して投票して、

与党に3分の2以上の議席を与えた。

ところがこれが全く期待に反した政治であった。

そのために、安部自民党が「経済の回復(デフレからの脱却)が第一」

とのスローガンで選挙を戦ったときに国民は今度こそやってくれるかとも

思って、投票して与党に3分の2以上の議席をあたえた。

これらいずれ場合にも、与党が70%以上の得票を得たわけではなく、

40%−50%の得票だった。

これはいずれも衆議院の場合であるが、

参議院の場合になぜ持続しないかといえば、

国民の期待通りの政治(善政)がなされなかったために、

期待の反動として、先に投票して勝たした政党でないほうに投票したからである。

だから、参議院の任期である6年間国民の期待に反しない善政を行えば、

衆参両院で3分の2をとることは簡単なのである。

難しいのは6年間善政をやり、国民に安心で豊かな生活を送ってもらえるかである。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:40 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会議員には何故資格試験がないのか?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

参議院選挙が終盤に入り活発な選挙運動がおこなわれている。

議員の資格については年齢以外には若干の制限があるとはいえ、

ほとんど制限はなく、もちろん資格試験などもない。

選挙で多数の選挙民からの支持を得れば議員となることができる。

一方で、弁護士、税理士、司法書士、医者など多くの職業でその業務に

就くには資格試験に合格する必要がある。

これは憲法で保障された職業選択の自由の制限である。

その制限の理由の第一に挙げられるのは、

これらの職業は人の財産、生命に重大な影響があるからだとされる。

確かにこの点では納得できるものである。

だが、考えてみると、国会議員ほど国民の財産、生命に重大な影響を

及ぼす職業であると考えられる。

この人たちの多数の意見によって、国民の財産は制限されるし、

失政により多数の人命が失われてきたことは過去の例からも明らかである。

国会議員は極端なことを言えば、憲法も人権の保障も経済も政治も、

何も知らなくてもいいのである。

これでよいのかと疑問に思うことがある。

ただ、そうだからと言って資格試験を必要とすると、

どのような知識、技能が必要か決めるのは大変であり、

だれが試験を実施するかにより、

現政権、現在の権力者にのみ有利となることもある。

まことに、民主主義の悩ましいところである。

したがって、民主主義のためには、最良ではないが、

事前の策として資格試験なしの選挙によるのは仕方のないことかもしれない。

ただ、国会議員は国民の生命、財産に重大な影響があることを

選挙民は知って投票すべきである。

また、当選した議員は自己の決定が国民の生命、財産の与奪権を握っていることを、

自覚して行動して欲しい。憲法が気に入らないからと言って、勝手に解釈して

国民の基本的人権を侵害するようなことは許されるものではない。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 00:29 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

国の失敗は国民の責任、国民の失敗は国民の責任!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

某テレビ局の放送で「上司の失敗は部下の責任、

部下の失敗は部下の責任」と放送している。

これと同様なことは、「国の失敗は国民の失敗、

国民の失敗は国民の自己責任」であると思う。

例えば、バブル経済の発生と崩壊は国(為政者)の

失敗であることは明白で、これは東日本大震災程度の、

損害を毎年毎年発生させるような大人災である。

これが20年以上続きいろいろな問題を発生させている。

国民が貧民となり貧困にあえいでいる。

結局、自己責任を追及されたのは国民であって、

国は何も責任を取らなかった。

もっとも国が責任を取るといっても、結局その負担は

国民が負うことになる。

すべて責任を取らされるのは国民のみだ。

これは原発事故でも同じことだ。

結局、損害の負担は国民が負うことになり、

国民が責任を負わされるのだ。

したがって、国民は選挙にあたっては、

責任を負わされることを考えて、

失政をしないような候補者に投票する必要がある。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:48 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

少子高齢化で労働力が低下?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

NHKの今朝の番組「宇宙ビジネス最前線」の中で、

「少子高齢化社会で労働力が低下している」との

発言があったが私には理解ができなかった。

労働力の意味が質に関するものか、

労働力の量に関するものかわからないが、

量に関するものとしたら、

現在の少子高齢化がどのように労働力の低下に関係しているか、

私には理解できなかった。

労働力は現在では20才以上の年齢の人口が関係しているだろう。

最近の少子化傾向が特に直ちにこの労働力に関係しているとは思われない。

特に20年間も続いた不景気のために、

20才から30才の若い人でも正規の職に有りつけない状態では、

労働力は低下(不足)しているわけではなく、

むしろ有り余っているというべきであろう。

最近はマスコミでは何かについて理由ずけするときに、

直ぐに少子高齢化のせいにするが、

これは、本当の理由を隠蔽することになろう。

問題なのは「少子高齢化」ではなくて、

失われた20年と言われているバブル経済崩壊後の不景気にこそ

理由が存在するのであって、

これを適格に指摘して今急ぐべきは「少子高齢化」ではなくて、

永すぎた「不景気」の問題こそ早く解決すべきであろう。

この「不景気」の問題を解決すれば、いま「少子高齢化」のせいと

されているような問題は自ずから解決されるだろう。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:13 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。