2013年08月29日

消費税増税に賛成した専門家は不景気になったら責任を取って欲しい。

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

先週末の雨以来、地表が冷却されたせいか、

この辺では猛暑を記録していない。

この調子であと1ヶ月続いて秋になって欲しい。

さて、政府の方では消費税増税に関して、

専門家などから意見を聞いているようだ。

そこでは、多くの専門家が消費税の増税に賛成のようだ。

これによって、多分消費税の増税が予定通り実行される

確立が高くなってきた。

だが、これらの賛成する専門家たちは多分消費税が増税されても

生活に困ることはないようない人々と思われる。

消費税が増税されたら生活に困る人も多いことなど考えていないと思われる。

ところで消費税が増税されて、もし不景気になったら、

消費税に賛成した専門家はどのような責任をとるのだろうか。

ニュースをみているとある実業界の人は、

消費税の増税はやむをえないから、そのかわり経済対策をとって欲しい、

と言っていたが、これなども全国民から税金を取って、

経済界に税金を使用して欲しいとの意味だろう。

言い換えると、これは消費税の増税で増えた税金で法人税の減税、

公共事業の増加、各種補助金の増加などをして欲しいの意味だと思う。

結局、消費税の増税をしても、国の借金は減ることはないだろう。

このような状況で消費税増税に賛成した専門家には、

増税により不景気になったら責任を取って欲しい。



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:28 | Comment(0) | 琵琶湖の湖岸で思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。