2013年08月11日

福島原発の地下水と放射能なぜあんなに多いの?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

最近、福島原発に地下水が多量に発生し、

その中に放射能が入っていて、対策をとらないと

その放射能を含んだ地下水が海に流れることが心配されて、

国費を使って対策がとられるそうだが、

私は何故にそんなに多量の地下水が発生するのか、

また、その地下水に多量の放射能が含まれているのか、

どうも理解できない。

そもそも原子炉建屋は、耐震対策のために固い岩盤の上に

基礎を作り、その上はコンクリートで固められているはずだ。

その周りに地下水があるとしても、報道で言われているような、

1日1000トンもあるのは不思議だし、

それがほっておくと海に流れ込むというのは不思議だ。

そもそも、そんなに地下水が多量に発生するようなところに、

何故原発を作ったのだろうか。

そして、その地下水に多量の放射能が含まれているかも、

もし事故時の地表に降った放射能だとすれば、

土壌によってろ過されるはずだから、地下水に行くまでにトラップされるのでは

なかろうか。

また、地上表面の土壌をとり除けば

地下水に流れ込むのはわずかであるはずだ。

現在の原発の敷地をみてみるとほとんどの場所にタンクが作られている。

このタンクを作る時には当然に表面の土壌は取り除いただろうから、

地表上に降注いだ放射能の大半は取り除かれているだろう。

だから、この地表から地下水に流れ込む放射能はわずかではなかろうか。

そうだとすると何故、多量の地下水と放射能は理解困難だ。

ただ、現在原子炉では冷却水を循環冷却しているが、

それは本当に循環になっているのか、それとも循環の途中で

もれていてその水が流れ出て地下水まで到着しているのなら、

多量の地下水と放射能のなぞは理解できるのだが、

そのようには報道されていないから現在のところ理解できないでいる。

ご存知の方があればお知らせ下さい。



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:39 | Comment(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。