2013年07月03日

本当に景気はよくなってきたのか?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

政府やマスコミはアベノミクス効果で、

円安、株高になり消費も増加して、

景気がよくなってきたと言っています。

しかし、普通の多くの人は景気回復を実感していません。

これは世論調査でも明らかです。

にもかかわらず、政府や自・公などは

盛んに景気回復してきていると主張しています。

これは、消費税を上げるためと選挙勝つために

強弁しているように私には思えます。

何故ならば、景気回復の1つの指標としている

消費支出の増加にしても前月比わずかに0.1%の

増加です。こんなのも統計誤差の範囲内でしょう。

その内容も高級なブランド物とか時計が売れているとの事、

これなども金がある人が円安になったり、消費税が上がれば、

値段が上がるのは明らかだから消費税が上がるまでに

買ったのに過ぎないのではないか。

また、新設住宅着工戸数が非常に伸びているそうだが、

これも消費税がが増税になり、長期金利が上昇し、

円安で資材の価格が上がれば大変と消費税が増税される前に、

駆け込みで注文されているもので消費税が上がったとたんに

なくなってしまうだろう。

このように消費税を上げるとのアナウンス効果で消費増と

なっているものを景気が回復したとして、消費税をあげれば

そのとたんに不景気になるだろう。

これはエコ減税や各種補助金の廃止で実証済みのはずで、

政府はよく分かっているはずのものだ。

やはり、国民の所得、特に低所得層の所得を嵩上げしない限り、

本当の景気回復はないと思われる。



参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:30 | Comment(0) | 田舎暮らしと物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。