2008年10月08日

日教組と学力の関連があるか?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

日教組が強いところが学力が弱いとか、

発言して失職した大臣がいたが、

今日インターネットでニュースを見ていたら、

某新聞がはっきりと断定しているわけではないが、

日教組がとった選挙の得票数が多いところが、

学力が弱いとの相関があるかのような記事を書いていた。

これに対する反例を上げるとすれば、

現在の子供たちの学力は、[世界の学力オリンプックの成績、

大学に入学してきた学生の学力の低下(大学によっては、

大学入学後補習授業を行って高校の復習をやっている)]

から考えて、かって日教組が非常に強かった時代に比べて、

非常に低下しているのは明らかである。

これを日教組の組織力の強弱と関連づけるとするならば、

日教組の組織力が弱くなった(現在日教組の組織力は

非常に低下している)から、子供たちの学力が低下した

とも言える事になる。

これは、正しいのか?私は正しいとは思わない。

また、車の数が非常に増加しているのは明らかだが、

車の数が増えたから学力が低下したとか、

インターネット(コンピュータ)、携帯電話、

テレビが増加したから、子供の学力が低下したと言えるか?

これらも多少学力に関連はあろうがこの逆相関を

正しいと言えるだろうか?

いずれにしろ、学力なんてそんなに単純なものではない。

色々な要素があるだろう。

遺伝的なもの、生活環境(親の所得、親の考え、本人の考え、

本人の性格、学校の規模、学級の人数、教師の数、教師の資質、

一緒に勉強する仲間達、−−−−などなど)

は大きく影響するだろう。

一のことを取り上げて相関があるなどと言うことは、

非常に相関が高い、例えば、[親の所得と学力の間には、

相関がある]などの例を除けば簡単に言えることではない。

元教育行政の最高責任者であった元大臣には、

せめて、客観的に分かる、学校の規模、学級の人数、

教師の数と子供の学力の相関を取って欲しいものだ。






参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。