2008年06月17日

固定資産税は本当に資産税か?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

今日、インターネットで「年金生活者」を検索していたら、

固定資産税について減免が出来ないかとの

年金生活者である市民の質問に対する

行政側の回答「年金生活者でも減免はできません」

その理由について、

「年金生活者と一口にいっても、

固定資産を所有し居住している方もいれば、

賃貸住宅に居住している方もいます。

仮に、固定資産を所有している方だけに配慮した措置

を講じたとしても、新たな不公平を生み出すこととなり、

適当ではありません。

また、固定資産税は、

所得に対して課税する住民税とは異なり、

資産に対して課税するものなので、

固定資産の所有者の収入状況を考慮することは適当でない

とも言われていますので、ご理解くださるようお願いします。

(岐阜市)。」


このような記述があったが、これに対しての疑問について!

資産てなに? 

資産評価額ー当該資産のためのローン残額=

マイナスでも資産か(負産)?     

この場合は、

まったくローンもない固定資産を持つ人との間で

不公平ではないか?

バブル崩壊前ならば少なくとも土地については

このようなことは想定外であったが、

バブル崩壊後はほとんどの土地、家が

このような負の資産状態であろう?

資産に掛ける税金であるなら、

正の資産になってから掛けるのが公平であろう?

また、古い家になって売るとしたら、

まったく値がつかなくて逆に邪魔になり、

普通に考えれば資産と考えられない場合でも、

「固定資産税」が掛かるのは何故?

資産税なら固定資産でない金融資産(貯金、預金、タンス預金)

から税金を取らないのは何故?

結局は、「固定資産」は登記があり

税金を取り易いからではないか?

学者達は、多分上記の「負産」が「資産」とは言えないことを

回避するためだと思うが、

行政サービスに対する対価として固定資産税を掛ける

としているようだが、

これにも問題があり、

まったくサービスを受けてないのに

土地を所有しているだけで、

固定資産税をかけることの説明が出来ない。

そこで、行政側は

学者の説を知ってか知らずか分からないが、

上記のように資産に掛ける税金だと説明しているが、

もし上記のような[負産」を売ったら、

ローンだけしか残らないこれが資産なのか?

この場合は、賃貸住宅に入っている人より

もっと悲惨なめに遭うことになる。

ローンと賃貸料の両方を払わなければならないから?




このような不公平は、行政ではどうにもならないから、

政治家によって解決される必要がある。




参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 20:35 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。