2009年08月29日

ゆりの花が多く咲いています!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

ゆりの花が我が家の近くの空き地に多く咲いています。

↓↓7月の中ごろに箱館山のゆり園に行ってきましたが、
http://motherlakebiwakolife.seesaa.net/article/123564545.html

私が行ったときには多くのゆりの花が咲いていました。


8月20日ぐらいに行った人の話では、咲いているゆりの花が

大変少なくなっていたとのことでした。


ところが我が家の近くの空き地には、

8月29日でも大変多くの白いゆりの花が咲いています。

多分、ヤマユリだと思います。

この辺は造成されて家が建つまでは何処の空き地も、

このように今頃はゆりの花が咲いていたでしょう。

家が建つ草取りをやっているところは、

このゆりの花も消えてなくなっています。


154-5488_IMG.JPG


154-5491_IMG.JPG


154-5493_IMG.JPG


154-5494_IMG.JPG




参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:35 | Comment(0) | 琵琶湖岸での植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

自転車で安心・安全に暮らせる街づくりを!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

自転車で安心・安全に暮らせる街づくりを!

今日、UCカード・マガジン「てんとう虫」9月号を

読んでいると「自転車とのいい関係」という特集が組まれていた。

作家の林望さんのかっての武蔵野の郊外での、若い夫婦での

「朝の自転車散策」や女優の星野知子さんの自転車での朝の散歩

「鎌倉・ちょっと裏街道気ままなコース」


それに、山本一力さんの自転車を使用しての

「京都・洛中ぐるっと一巡りコース」

その他には

ドイツ文学者の池内紀さんと

自転車博物館サイクルセンターの中村博司さんの

「対談:ヨーロッパにみる自転車の情景 人と自転車がつくろ街」

などが掲載されていた。

これらを読んで思うことはやはり自転車が見直されて、

いいのではないかと思った。

確かに、自動車は我々の行動範囲を飛躍的に拡大してくれた。

特に、交通機関の発達していない私の住んでいるいる田舎では

車がないと生活するのが難しいとさえ思える。


だがその反面、交通事故の増大や炭酸ガスや排気ガスの問題も

深刻となっている。


その点、自転車を使えば健康によいし、心も癒されることとなる。

上の例では、武蔵野は私は小説や詩では読んだことがあるが実際には

行ったことが無いからどんなとこかはわからないが。

京都や鎌倉は自転車でゆっくりと巡るには非常によいとこだと思う。


ただ、これらの京都や鎌倉でも現在は自動車優先だから、

自転車での散策にはいろいろ制約がある。


その点、ヨーロッパでは、大都会でも自転車専用道路が

整備されたり、自転車の駐輪場も完備されているようだ。

ドイツなどでは、列車や船に自転車をのせて旅行する人も

多いそうだ。

日本では、自転車は歩道から追い出され、自転車専用道路は

ほとんどないから車道を走ることになるが、

そこでは危険と隣りあわせだ。

そのためにか、自転車の乗車について次から次と

規制が強化されている。

規制強化だけではなくて、自転車のための専用道路を

つくるなどして、もっと自転車での生活が安心・安全に

行える街づくりを行うことが必要ではなかろうか。

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:20 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

電車より自転車が早かった!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

電車より自転車が早かった!

電車より自転車が早い訳けないだろうと思われますよね。

当然ですよね!


ところが現実にあったんですよ。

かって50年ぐらい前に大阪で働いていた頃のこと、

朝起きが遅くなると会社に行くには、自転車か歩いて(走って)

行く方が早く行けて遅刻しなくて済みました。

会社は大阪の大正区にあって、住まいは住吉区にありました。

歩けば4kmぐらいの距離です。

ところが電車で行こうとすると、地下鉄か南海電車に乗って、

難波まで行き、それから市電に乗って大正橋を通って、

会社の方に行くので大きく大回りして、多分20kmは

あったでしょう。

ですから電車で行っても1時間ぐらいかかりました。

その上、当時の市電は大変に込んでいましたから、

下手をすると乗れないこともあり、一電車遅らす必要があったり、

道路の状況によっては、予定通りに走りません。

だから1時間半ぐらい掛かることもありました。

その点、自転車や歩く方は、遅れそうだと思ったら、

早く走って時間調整が可能ですから、

1時間より早く行くことが可能でした。

これが電車より自転車が早かった秘密です。

ただ、この自転車と歩く人には、1ッ箇所だけ、

難関がありました。

それは、会社に自転車や歩いていくためには、

木津川という川を渡る必要があったのですが、

当時は橋がありませんでした。

この木津川は、運搬船がよく航行していましたし、

川筋には造船所もあり、橋を架けたら船の航行が

出来なくなるために、橋が無かったと思います。


もちろん私達は川を泳いで渡った訳ではありません。

船で渡りました。今でも残っているかもしれませんが、

この川には数箇所に無料の渡し舟が走っていました。

これに乗せてもらってこの木津川を渡っていました。

ただここで問題なのは朝のラッシュ時は人が多いため、

待つ必要がありました。

時間ぎりぎりに来たときは、気が気ではありませんでした。

それでも、この自転車か歩く方が確実に、

電車より早く会社に到着しました。

今考えるとこの徒歩や自転車による通勤の方が、

電車による通勤よりは健康的だったと思います。

今は市電はなくなり市バスに変わっています。

また、千本松の渡しには、千本松大橋が架かっています。

この千本待大橋は通ったことが無いから分かりませんが、

多分、橋桁を高くして、船の航行に支障がないようにしてると

思います。

さて、今でも歩いて通勤している人がいるのでしょうか?

自動車での通勤が多いかもしれません。

問題は工場に自動車の駐車場が確保されているかどうかですが。

いずれにしろ、安全が確保されるなら、

健康のためには、自転車や徒歩(走り)での通勤が望ましいと

思います。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 18:25 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

自転車で健康と心を豊かにしよう!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ



琵琶湖岸のさざなみ街道を車で走っているとよく自転車で、

走っている人によく出会います。

多分琵琶湖を1周している人かもしれません。

私も本当は自動車ではなく自転車でのんびりと、

このさざなみ街道を走りたいと思ってます。

なぜかというと、

まず運動が出来て健康に良いと思いますよ!

その上にこのさざなみ街道は主に琵琶湖の湖岸を走っているから、

景色がよくて心が豊かになると思います。

自動車では運転していると余所見は出来ないし、

個々はよいとこだと思っても何処でも簡単に停める訳には

いきませんからね!

自転車だとそれが出来ますからね!


ただね自転車で困るのは第一には安全の問題ですよ。

ときどき自転車による事故を見かけますからね。

多分この辺は歩道を自転車で走ってもよいと思いますが、

その歩道がガタガタですから、原則どおり車道を走ることに

なりますからね。

これを解決するには、琵琶湖岸に自転車専用道路を

作るべきでしょうね。

そしたら今よりもっと快適に自転車で走れますよ。

第二には2箇所ぐらいある坂道を登ることです。

若い人には簡単でしょうが、年寄りには少し大変ですよ!

これには電気自転車もありますが、これはまだまだ高価ですよ。

登りは歩くのがよいでしょうね。

自転車で琵琶湖岸をゆっくりと景色を眺めながら、

走れば健康のためにも、心を豊かにするためにも最高です。




参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 15:22 | Comment(0) | 琵琶湖岸での交通、道路、車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ハスの花は寿命が永い?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

奥びわスポーツの森の湿性植物園のハスの花が咲いていると

↓↓記事にしたのは7月12日でした。
http://motherlakebiwakolife.seesaa.net/article/123387299.html

その後、1ヶ月以上になりましたが、

今日、奥びわスポーツの森の湿性植物園へ行ってみたら、

まだハスの花きれいに咲いていました。

私のボロカメラでは大きく撮れないのでわかりずらいが、

大変きれいに咲いていました。

泥の中から苦労して出てきて、きれいに咲き続けるようです。

花が咲く期間が大変長く、寿命が永いようです。
奥びわスポーツの森の湿性植物園のハスの花154-5482_IMG.JPG


奥びわスポーツの森の湿性植物園のハスの花154-5483_IMG.JPG


奥びわスポーツの森の湿性植物園のハスの花154-5484_IMG.JPG


1奥びわスポーツの森の湿性植物園のハスの花54-5485_IMG.JPG

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:45 | Comment(0) | 琵琶湖岸での植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。