2009年03月29日

海津大崎の桜はつぼみがふくらむ!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

海津大崎を通って桜の状況を見ましたが、

最近の寒さのせいもあってか、

まだまだつぼみの状態です。

全体を見ると多少ピンク色になってきたようです。

来週の日曜日ぐらいは開花してるかもしれません。

満開になるのはやはり10日前後でしょうか?



少し気になることは、ここの桜も老木のためか、

雪の重みに耐えかねて枝が裂けたり、折れたり

したものが場所によっては大変多くなり、

目立ってきたことです。



先週もここの桜を守っている人達が、

掃除や桜の木の手入れをしておられました。

折れた枝を切ったして、だめになった桜は

全体を切、そのごに新しい桜を植えておられますが、

全体としては老木は大分傷んでいます。


若い木の方は見事な木になるには、

まだまだ時間がかかりそうです。



母なる湖[ビワコ]の最北部での田舎生活と風物詩の■TOPへ




参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 琵琶湖岸での植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

自然を見る目が変わりますーー ブログ作成の勧め!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

春らしくなって来ました。

ふきのとうも既にトウが立ってきそうです。

つくしも既に大きくなってしまいました。

桜も今月末か来月早々にも開花しそうです。

やはり寒い北風が吹く冬よりも、

春がよいです。



ブログを書いているとこれ等の季節の変化を

よく観察するようになりました。

以前はなんとなく自然を見ていましたが、

最近はよく注意して見る様になりました。



また、ブログを書いていると色々と

調べることや学習することが多いため、

知識も増えて楽しみが増えます。


手と目を連動させますから、

ボケ防止にも役立つかもしれません。


定年後は時間をもてあますと聞きますが、

ブログを書いていると時間がもっと欲しい

ぐらいで全く時間をもてあますことはありません。


ブログを作成して情報を発信しましょう。

断然お薦めです。




母なる湖[ビワコ]の最北部での田舎生活と風物詩の■TOPへ


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

銅線代りに身体が使われていたのかな?

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

銅線代りに身体が使われていたのかな?

最近、蛍光灯スタンドのスイッチをタッチしても

なかなか点灯しない。

アレー、こわれたかなと思っていた。

ところが指がぬれているときにタッチすると点灯する。

これはどうしたことだろう?

考えてみるとこのタッチスイッチはどのような原理?

以前はタッチすることにより電気容量が変化して、

それを検知することにより、スイッチを動作させている

と思ったが。

どうも、それよりも簡単で身体を銅線代わりにして、

非常に微量の電流を流して、それでスイッチを動作させて

いたのだ。

だから、乾燥して皮膚の電気抵抗が増大して、

ほぼ絶縁体になったら、微量の必要な電流が流れなくなり、

スイッチがつかなくなったのだ。

今年の冬は雪も無く天気が続いたから手も非常に乾燥して

いたのだ。納得しました。


参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

おさるさんに睨まれました!

励みになります、応援をお願いします。
人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ



長浜楽市に買物に行く途中で海津大崎を通り、

今津方面を見ると箱館山などの山々に

積雪があるのがよく見えます。

(海津大崎から見た箱館山)海津大崎から見た箱館山


トンネルを抜けた後桜の木の間から竹生島が

見えますが、それを見ながら、車を走らせていると、

湖岸から山の方へ走る茶色の動物がいます。

サルです。この辺ではよく見かける動物ですが、

湖岸では何かしているのでしょうか?


サルは素早く道路を横切るとがけをよじ登り、

途中で振り返り私の車を見ています。


「オイ、危ないじゃないか」と言って、

睨んでいるかのようです。


多分、動物にとって車は最も危険な存在でしょう。



母なる湖[ビワコ]の最北部での田舎生活と風物詩の■TOPへ

参考になりましたら、応援をお願いします。 非常に喜びます。

人気ブログランキングへ

ご訪問&応援有難うございました!


posted by カナサト at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 琵琶湖岸での動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。